スポンサーリンク

ネコキタの仮想通貨投資日記

家に来たネコの為に仮想通貨で儲けて広い家に引っ越す!

原野商法!?ノミ行為!?次々と明るみになるコインチェックの闇

原野商法とは、1例をあげると、自分の土地ではない原野などの価値のない土地を紹介してリゾート地になるから将来価値があがるなど嘘をついて高額で購入させ現金をだまし取るなどの悪徳商法のこと。

ノミ行為とは、わかりやすく例えて言うと、コインチェックが日本円からNEMを買うと注文したユーザーに取引が成立したと見せかけて実際は取引せずその購入金をそのまま会社のお金にすること。

個人投資家で作家の山本一郎さんがこういった行為に近いことをコインチェックが行っていたのではないかと考察しています。

仕入れていないNEM/XEMを、ユーザーに対して販売していた

コインチェックがNEMの取扱を始めたのが2017年4月19日。

しかし、アルトコインの仕入れはPoloniexと言う世界最大のアルトコイン取引所を使っており、取引履歴を確認するとコインチェックが始めてNEMを仕入れしたのが17年6月12日。

その間に取引をしていたユーザーは実際の取引ではなく、デモトレードをしていたような状態で騙されていた。

コインチェックは、NEMを仕入れていないのに取扱を開始し、デモトレードであたかも取引が成立したと見せかけていたことは原野商法、ノミ行為に当たるのではと考えているそうです。

その結果、取引所にしては高収益を叩き出し、急成長していったのではないかと思われます。

これが本当であればコインチェックは許されない詐欺会社ということに

そうなればコインチェックのユーザーで被害者連盟が結成されて集団訴訟の流れになるかも?

詳しく以下の記事で
news.yahoo.co.jp




オススメの取引所

誰もがオススメしている取引所!
リスク分散の為にもすべて登録しよう!

ビットフライヤー

メガバンクが出資!安心、安全!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ザイフ

モナコインを買うならここ!手数料も安い!

BINANCE

海外取引所で1番おすすめ!

スポンサーリンク